釜山国際映画祭が開催される時のBIFF(Busan International Film Festival) 広場

BIFF広場

 

BIFF(Busan International Film Festival) 広場は去る 1996 年、釜山国際映画祭が開催された時、映画館通りを新しく作り直し、その一帯を BIFF 広場 (1996 年 8 月 14 日 ) で名付けた。

 

BIFF 広場周辺には国際映画祭の主な舞台となる封切り劇場 対英シネマ、シネシティ、 CGV 南浦などが南浦洞で忠武洞歩道橋に至る道路周辺に位置している。

 

ここは普段から釜山市民で賑わうシネマ天国だ。BIFF 広場は、韓国の映像文化の底辺拡大と新しい文化観光名所に化粧直しして国際的文化観光都市としての位相を定立した。 

 

南浦洞 BIFF zone で忠武洞歩道橋に至る 400 余 m 道路を " スターの町 " と " 映画祭の距離 ( 通り )" で分けてある。

先に BIFF zone でシネシティ間の 175m を " スターの町 " で飾りつけて毎年受賞者の手形と参加作品の名前を刻んだ銅版を広場底に敷いている。


広場の底に出入口 4 ヶ所と中央には別に文様の花崗岩と銅版、人造大理石が敷かれている。また BIFF zone の方入口には国際映画祭象徴アーチと現代的感覚を持った照明燈とけやきが風情を加えている。

" 映画の通り " は、象徴文様、象徴ゲート、マロニエ造景など若さと浪漫があふれる通りで整備して名実共に映画のメッカとして位置づくようになった .

韓国 釜山市 蓮提区 摩谷川路 54 蓮山洞 現代

Hometown 102-105号
 

 メール: info@busantabi.com

  L I N E : busantabi 1

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Google+ Social Icon

Copyright 2003 Busantabi.com All Rights Reserved.

BIFF広場 南浦洞