慶州 チェ氏古宅

韓国 慶州(キョンジュ,gyeongju) ー崔氏古宅


  韓国 慶州 観光地で人気がある 慶州チェ氏古宅
慶州校洞の月城の横に位置した古宅、慶州崔氏の住居で朝鮮時代の両班の家の原型を完全に保存していて文化的価値を持った建物だ。
旧宅は 99間だが庭だけも約 6千6百㎡、後庭は約 3万 3千㎡に達したと伝わるが、今は 定木奥と大文彩、祠堂だけ残っている。


渡り廊下は 70年の火事以後、原型復元が延ばされて来ましたが最近復元された。
本来は元曉大師と情を交わして薛聰を生んだ瑤石王女が住んだ要石王宮の跡地だったと言う。
崔氏宅がこちらに定着したのは朝鮮中期頃。10代300年の間富裕だった家系で、富と名誉に満ちた名門家たが、 “財産は1ヶ所に集めておけば悪臭が出て耐えることができないが、散らせば肥になるものだ ”という教えの下に “施す生活”を実践した家だった。


崔氏の家の人々の実践意志は中庸と正義のあることで “かたよらずに、急がずに、欲張らない。
万物に完璧な価値はなく、左右にかたよることなしに正義を貫いて暮す。 ”というモットーを持っていた。


この精神は今日を生きる現代人たちに大きな教えを与えている。
崔氏の旧宅に入れば古風である中に “あたり 100里の中には飢え死にする人がいないようにしなさいという家門の精神を感じることができる。

 

慶州に住む人の中には ‘金持ちの崔さん’を知らない人がいないと言うほどだったが、最近 2009年に我が国最初の ‘庶民に施した、

まともな金持ち’慶州崔氏一家の話を取り上げたドラマとして貧富の格差が深くなる今日に共存の哲学を提示した kbs1tv 特別企画歴史ドラマ 「名家」が放映された以後、さらに多くの訪問者たちが崔氏の旧宅を訪れている。
一家がもたらした校洞法酒は主要無形文化財に指定され、崔氏旧宅のすぐ側には一家の食べ物の味を偲べる ‘瑤石宮’という伝統韓国食堂がある。

住所:慶北 慶州市 校洞69
連絡先:054-779-6061

 

韓国 釜山市 蓮提区 摩谷川路 54 蓮山洞 現代

Hometown 102-105号
 

 メール: info@busantabi.com

  L I N E : busantabi 1

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Google+ Social Icon

Copyright 2003 Busantabi.com All Rights Reserved.